Concept

「人」への想い

「人」とは、家族構成やライフスタイル、価値観等の住む人々に係る情報であり、○○LDKとか○○帖のリビングや単に広い、明るいといった間取りに関する情報より家族の行動をストーリーとして捉える。例えば、

  • 玄関に収納スペース(シューズクローク)を設け、そこを通り抜けてキッチンのパントリーに直接アクセス。買物の品を片付けるための動線の確保
  • 司令塔のように全てが見渡せ作業しながらも子供たちの様子を見守ることが出来るキッチン
  • 家事の合間にキッチン横のガーデニングを見ながらコーヒータイム
  • 浴槽につかりながらライトアップされた坪庭を眺めて癒される
  • 外部の視線を気にすることなくバーベキュー&朝食&ティータイムでくつろぐ広いデッキ
藤沢ショールーム1

など、思い浮かんだシーンをたくさんお聞きし、このようなストーリーをプランに落とし込むことで夢が現実となります。

「地」の考察
藤沢ショールーム2

「地」とは、敷地形状や高低差、方位、道路との関係、建築基準法、条例、隣家との関係や窓先の景色、日照や通風ロケーション等に係る情報

この「人」と「地」2つの軸を絡ませて敷地というキャンバスに絵を描くようにゾーニングする。家族の意見や具体的要望のその先にあるもの。潜在的なニーズは、価値観を共有することから生まれます。お客様に感動していただけるような提案型のプランづくりに努めます。

エールコーポレーション 5つの信念

1. より強く

耐震性にすぐれた構造である事又耐久性にも優れ将来のメンテナンス費用の軽減となる建材の選択

2. より美し

飽きの来ないデザインでいて、どことなくオリジナリティーが感じられる外観、インテリアを創る

藤沢ショールーム3

3. より住みよく

機能性、利便性のある動線。日照や通風を得ることが困難な状況であっても一工夫することで解決する

4. より安く

コストパフォーマンスに優れ、ムダを省き、同様の効果でコストカットを考える

5. よりエコに

消費エネルギーを少なく、太陽光発電等の自然エネルギーの活用、高断熱、高気密性能を考慮した住まい

これらの項目すべての満足を得ることは至難の技であり、偏ることなくバランスのとれた設計が求められます。
 暮らしやすいオンリーワンの住まい創りのお手伝いがとできればと切に願っております。